2009 09 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ひとりごと。
- 2011/03/28(Mon) -
どうも毎度おひさしぶりなねもたろうです。
震災などもありまして…皆様いかがお過ごしでしょうか。

被災地の方々には日々の生活が一刻も早く戻るようにと祈るばかりです。


僕はまたどうにもくだらないことでまたうだうだ思考の迷路を彷徨ってます。



ちょっとうだうだ答えのないこと書きます。ホントひとりごと。



ソラニンって去年の今頃やってた映画があるんですけど、去年映画館観に行って、来年の春また見ようと思って、で、一年ぶりに明け方見てたんです。


この映画、僕にとってすっごい心に残る映画なんです。
映画自体の評価とか他の作品と比べるとかそういうのどうでもよくて、唯一無二?僕にはどうにも他人事として見れない映画というか。



登場人物たちはさ、いまいちパッとしない人生送ってて、やりたいことがあっても現実的な自分がいてどうにも踏み切れなくて、でも今の状況での居所を探してて。途中までどうにも救いようない物語なんだけど、最後には一つのことをやりきって前向くんだ。


自分は正にそんな人間。なんか漠然と普通とは違うなにかを求めてて、でも普通に縛られる。それもめちゃくちゃ縛られてる。ちょっと駄目な人間。


この映画観てるとこんなんでいいのかなって思って、前に進もうって気になる。去年浪人が決まった春休みにこれ観て、今年は今やるべきことをやって来年また観ようって思ったんですけど。

まぁ結果からすれば全然やれてなかったってことになるのかもしれないけどそれは置いといて笑 置いておいては駄目なことなんですけど。



ここずっと自分変わっていこうという気がすごくあって。この一年過ごして、嫌なことにも意欲的に、逃げない、その姿勢は前の自分より少し持てたんですけど。

だから大学ではもっとって。

今、経済はどん底、就職氷河期。普通になんとなく大学生活過ごしてたら就職できない。

でね、じゃあ僕は大学では興味ある勉強将来に有益な勉強、将来に有益な活動を意欲的にしようって、とにかく就職に有利に、ってそれ中心に考えてて。


もちろんそれが重要でさ、僕自身変に現実主義的なとこあるし、それに勉強だって政治も経済も興味あるし将来のためになりそうな興味対象は他にもある。


でもそれを「中心」に、全てはそれのためにって考えてるのってなんか無理あるなってことをさっき映画観て思ったんです。

決して逃げたいわけではなく、考え方として。


中心ではないんだ、間違いなく。大学で成すことの一つではあるけど。
必死の理性で、大学でだらけたら終わりだって考えてるだけで。


ここに来て揺らいだ。もう大学で自分は有意義に過ごす心構えはしたと思ってたけど。



自分に有益に将来に有益に有益に有益に有益に



って「有益」ってなんだ?有意義とはなんだ?


ホントは自分は何がしたいんだ。人生で最後の学生生活、俺はなにしてどうしてどうなりたいんだろう。

もちろんその先の人生の方が長い。我慢すれば後の人生が少しでも楽になるかもしれない。でも学生生活はあと四年しかない。もちろん全てこなせれば最高だ。けれど何かが欲しければ何かは捨てなければならない。


どこで後悔してどこで後悔しないのが自分にとって最良なのか。答えはないけれど。



最近サークルとかも広告研究会とかコネありそうだし広告とかちょっと興味あったしとか思ってたんですけど、人生それだけじゃない。


ちょっと臭い表現すると。
今青春だよ青春。僕ら人生の春だ。でも一度限りですよね人生の四季は。これからゆっくり暑くなったり涼しくなったりして冬に向かってく。季節はもう一度回って来はしない。


今しか出来ないこと感じれないことってある。


だから、勉強とか将来へ向けた活動ももちろんきちんとやろうと思うけど、後悔のない残り少ない春の過ごし方をもう一度考えようかなと思いました。


まぁ要するに


青春らしい青春も、過ごしたいよねやっぱり笑

そゆことです。


以上。勝手に始まって勝手に終わってるしホントひとりごとです笑
読んでくれた方長くてすみませぬ。文章にすると考えまとまるんです。





ではまたまた…写真溜まってるしこっちでも紹介したいんですけど…
スポンサーサイト
この記事のURL | 大事な記事。 | CM(5) | TB(1) | ▲ top
twitterで感動。
- 2010/09/19(Sun) -
とても印象に残る奇跡的なことがあったので、流れてくのが勿体無いので、ここに残そうと思います。
僕が浪人生嫌になってやさぐれてたんです。

こんな一年やだ!無駄だからとかじゃないんだよ!俺に禁欲・ストイックなんて合わねーんだよ!

こんなんだからろくでもねーんだよ俺は!でもしょーがないじゃん!遊びてえし集まりてえしくそおおおおおおおお

ああああああ勉強しなきゃってんなもん分かってんだよ!なんでうちの親は分からねんだ、俺は好きなこと好きにできないと嫌なことにも立ち向かえないの!

ああああお騒がせしてすいませんでしたあああ!浪人生はこれだからって思ったあなた、すみませんこんな感じの野郎が浪人するんです。

(掲示板のお兄さん)
@nemotarou ねも、言われるの嫌なこと分かっててもいわなきゃいけない親御さんの気持ちも考えろよ。ねもがどんな子かなんて御両親がわかってないわけないじゃんかよ。

(僕)
分かってます。こんなんだから余計言うんですよ。分かってるけど何かに当たりたくなるんです。ぬおおおみんなと一緒に楽しみたいいいいい!…(/ _ ; )

ああ、まさに駄々こねてるってぴったりな表現だ。幼児退行かよホント。

そうなんですよ。元は自分が悪いのに、いつのまにかそんなことなんか隅に追いやって、ただただ現状への不満だけが表面化するんです。

今はやってるけど、八月まで遊び尽くした廃人だって、一時として浪人っていう呪縛が頭から離れることはないんです。去年の三角ツアーも、トゥアーもそうだけど、多分今回の東京ドームだってきっとライブ中にふと受験のことが頭よぎるんですよ。無心になって何かを楽しむってことが中々できなくなる。




(かしゆかbot)



@nemotarou どんなときも自分を信じて前に進もうッ 君ならできる!!!

@nemotarou 受験も頑張ってね~!

ねえかしゆか、俺泣くよ? RT “@kashiyuka_bot: @nemotarou どんなときも自分を信じて前に進もうッ 君ならできる!!!”






(かしゆかbot)


@nemotarou 受験生、頑張って!!頑張った先には必ず結果があるから

うん、いい加減頑張ってみるね。 RT “@kashiyuka_bot: @nemotarou 受験生、頑張って!!頑張った先には必ず結果があるから”


(掲示板のお兄さん)

@nemotarou ねも、頑張れよ。応援してるぞ。




っていう出来事がありました。
いつもお世話になってる掲示板のお兄さんからの激励、
そんでbotとは分かっていながらもその絶妙なタイミングとかしゆかの言葉に、胸がぐわーってなって、鳥肌たって、ちょっぴり泣きそうでした。

頑張る。



この記事のURL | 大事な記事。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青春
- 2010/07/11(Sun) -
みなさん、おはようございます。ただいま朝の7時20分。

こんな時間にお前が起きてるとかありえない。
と思ったあなた、そのとおり、徹夜です^^

なにをしてたかっていうと、本を読んでいた。

佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」っていう小説。

この人はよく青春小説を書く人で、主人公とかの描写や物語からかもし出させる雰囲気が俺は好き。この小説も陸上をやってる高校生の物語。



俺らが今いる若い時期は、色々なものに触れ合って、それらから色々なものを吸収していって、将来大人になっていくための礎を築いていく時期だと思う。

だからおかたい文学作品に触れてみたり、哲学の本を無理やり頑張って読んでみたりだとか、本に限らずちょっと背伸びして教養を深めたり人間的に深くなっていくだとかいうのはとてもいいことだと思う。

でも俺が逆に思うのは、若い時期の今だからこそ感じられること、若さゆえの感性をもってして初めて感動できるものにできるだけ多く触れることのが重要じゃないかとも思う。この感性ってのは親とか大人の話を聞けば予想できるけど、おそらく大人になればなるほど失われていく感覚。ああ、こんな時期もあったなあ、なんて遠い目で見るようになっちゃうであろう感覚。
これって今しか感じれないことでしょう?

青春。青い春とはよく言ったもので。
人生を四季に例えるなら、僕らは今初めの季節である春にいる。
まあね、そろそろうだるような暑い夏、社会人として云々、という状況に片足突っ込みはじめるような年齢だけれども、まだ若者としての感性はビンビンだ。
だからこそ今しか感じられない文学、音楽、映画、絵画、なんでもいい。
それらになるべく多く触れるべきではないか。そして現実の自分も出来るだけ往生際悪く、そこに突っ込んでいくべきではないか。

俺らにはまだもうひとつ最後に大学生活という青春が待ってる。
そりゃ制服は着れないし、大学生になるとみんな大人ぶっちゃうけどさ、
若さを目一杯使って、最高の、これからの人生の糧になる、青春時代を送りたい。


そのためには大学入らなきゃ。笑
そして今そこから限りなく逆行してる俺にうんざり来るんですけどね笑

いっつも俺はそうなのさ。

あーーー、乱文長文失礼しましたww

こんなの徹夜の勢いで書けるのも若さゆえですよね?^^
この前このブログを読んでくださってるある掲示板の方と電話したときに、自分の若い頃思い出しながら楽しく読んでますって言っていただいたので、青臭さへの恥じらいを捨てて自分の感じることを書きなぐってみましたw

最後に、この小説ホントに良いです!同世代の方はリアルに感じ取って欲しいし、もう青春が過ぎたなって思う方もたまには自分の青春を思い返しながら本を読んでいただけたらと思います^^

ぜひご一読を^^

この記事のURL | 大事な記事。 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
今年の最終目的地、東京ドーム。
- 2010/06/01(Tue) -
どうも、ねもたろうです!!!!!!!


つ い に 、決まっ………  ターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

とーうきょーーーーーうどーーーーーーーーーーーーーーーーーム!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




さっき見たよ!ホントかよ!!!!!!!!!!

そして同時に僕の今年の目標が決まりました!!!!!!!!!!!!

この日を迎えるべく頑張る!この日を迎えて受かる!

そんな東京ドーム発表の昨日、5月31日は僕の今年の最終目標決定記念日です!^^


半端ねえええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!

楽しみや♪楽しみすぎる♪

もうなんか笑えてきたーーww


前の記事に気が早い方が書いてくれましたがw、

canaさん、同じ河合塾浪人生、この日を楽しみにいきましょう!!!!!!

じゃっきぃ!お前の分まで楽しむぞ!てか来い!無理しろ!w飛行機今安いぞ!wそうだ来るんだ!この日は記念すべき日になるのだから!


なにか不安に思ってることがあるあなた!それは無駄!この日を、最高の日にすること以外考えるべきではないのです!

Perfumeは出来る全てをもってこの日を迎えるはず!俺らも最高のテンションでこの日を迎えましょう!以上!
この記事のURL | 大事な記事。 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
奇跡再び。スタジオパークからねもたろうです。
- 2010/04/26(Mon) -
のっちです!あ~ちゃんです!かしゆかです!アナウンサーです!

ねもたろうです!

はい、どうもどうも!w
見ての通りテンション高いんですよ。

え?まさかスタジオ観覧当たったのかって??
違うんだなあwそれよりもっとすごいことが起きたんですねえ、はい^^

さあ、今日は昨日宣言したとおり、「スタジオパークからこんにちは」の生放送を見に行きました!^^

予備校の授業はなんとか集中して原宿へ…。そしてヤクザみたいな風貌の某掲示板の某ベッケンバウアーさんと落ち合いwww、NHKスタジオパークへ。。

……はあああああ??????

まず並んでいる数に驚き。いや、だって今日平日、しかも月曜日で、しかもお昼の12時ですけど????
あなたたちなにしてるん!?(←自分はどうなんだ)

そして自分達も列に並ぶといきなり白掲示板の某住民方に遭遇。例のごとくわいわいがやがやする。
時間が来る。
抽選をするので人数を数えます~。
~中略~
今日の人数は、、、

   「303人」

……え?

ちなみにスタジオ観覧の席数。26席。

いやいやいやいやw
やっぱPerfumeファンはぶっ壊れだぜw
ちなみにこの数相当異例なようで、とりあえず四月最高、アナウンサーはリハーサル中あまりの人数の多さにすごいすごいと連呼しておりましたw

さあ10分の1以下の確率。絶対通りたいところだ。。

順番が近づく…前にいた仲間の方は全滅…
俺らの列になる、、
目の前のヤクザの方が抽選を引く…
当たりです!
まじ!?

そして俺も続くぞ…

…はずれた…

あー残念。やっぱり俺のPerfume運はこの前あ~ちゃんにいじられたので使い果たしたんだなと納得w
ヤクザさんの背中を見ながら羨ましいなと思いつつ、仕方ないのでなんとなーく急ぐわけでもなく花道ができる列に並ぶ。

「仕方ないのでなんとなーく急ぐわけでもなく花道ができる列に並ぶ。」

この行動が奇跡を呼ぶ。

花道の端でPerfumeを待ちます。

ふと気づく。通路の奥はなにやらカーテンで仕切られている。

…そうか、ここから出てくるのか!おおお!

やべえ、一番最初に見れるじゃん!
どうせさっと通り過ぎるんだろうなとか思いつつも、だんだん緊張w

本番が近づいてきた。胸が高鳴る。

カーテンの隙間から待機してる三人見えないかなと思ってそっちを見ていると、まず「「奇跡その1」」発動w

ちょっとカーテンが揺れてすそから誰かがこっちをちらっと見て、中から女の子の声が聞こえた。

分かりますね?

そう、Perfumeの三人が中でキャッキャ言ってしゃべってる声が聞こえたのです!
しかももちろんマイク越しではなく生の声!
マジ奇跡!生の声聞くなんてほとんどありえないですよね!生声はさらに可愛かったです…。

さあヤバイなー緊張するなー。でもサっと通り過ぎるだけだからよく見とかなきゃとか思って身構えていると、本番前になってNHKのアナウンサー二人が登場!そして挨拶。おお始まるのか!てかなんで俺の前にいるんだ??
…なんかこの風景見覚えあるな。
二人のアナウンサー、そして背景には大画面のスクリーン…
ここまさか…いつもの放送の冒頭の場所か!

え、じゃあここで一瞬でも三人は立ち止まるのか?

やばいやばいやばい…緊張緊張…!!!!そして「「奇跡その2」」へ…

45秒前ー

20秒前ー

10秒前ー

……来た!!






え!近い!え?え?

そう、Perfumeは目の前…どころではなく。1m以内にいるのです。

立ち位置的には
俺 アナウンサー かしゆか あ~ちゃん のっち

横一列なんです…!!
どんだけ奇跡なんだ!

しかも冒頭長い長い!うおおおおおこんなに長くこんな近くでずっと見てていいのか!俺はもう興奮と緊張で意味の分からないことに。

youtubeで上がってるのを確認したら三人が出てから動き出すまで1分30秒。。これを長いと思うか短いと思うかはあなた次第ですが、僕の感覚としては、この1分30秒、ホントに刻が止まったかのようでした。

顔の細部が見えるとかそんなんじゃない。普通に普段そのへんの友達と話しているような距離のところに三人が並んでいるんですね。

ふう。

いやあ。ホントにすごかったです。

どうすごかったかと言ったらうまく言葉にはできませんが。
ただ一つ言える僕の後から考える感想。

リアリティがない。

これはどういうことかというと
そんなありえないような距離から見たわけですよPerfumeを。普通に人と接するような距離で。
なのに、終わった直後、さっき会ったはずなのに、頭の中では鮮明のその映像がよみがえるのに、なぜかそれが全てテレビ越しにアップを見たかのような、とてもそこの三人がいたとは思えない錯覚に陥ったんです。
ファンクラブトゥアーのときあ~ちゃんにいじられたときもそうでしたが、それはライブという特殊状況下におけることだと思ってたんです。でも今回は普通に同じ高さですぐそこにいたのに、どうしても偶像として認識してしまう。
やっぱり普段から実際にはいないものとして考えているから、実際に対面しても頭の奥底でそれを否定しているというか、なんか現実ではなかったかのように思わせている。

なんか複雑だな。
でも今日のお客さん303人の中で最も近くでPerfumeを見れて、最高でした!^^こんな距離で見れるなんて一般のファンではありえないですよね!貴重でした♪
そしてテレビにもちゃっかり映って、三人と共演を果たしました!ww
1分30秒のトコにいます僕はw一人ピンクTシャツで堂々と…w

さあ、今日は最高の一日でした!ねもたろうでした^^

P.S.この後「~ヤンキーと共に行く~代々木公園にてマカロニ聖地巡礼ツアー」を今日集まった7人の仲間で実施致しましたwその様子は明日アップしたいと思いますw


この記事のURL | 大事な記事。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。